永代供養の意味と費用について

永代供養とは、お墓の管理ができない方に変わって、お寺や霊園が管理し、供養してくれる埋葬方法のことを言います。



一定の費用(お墓よりは安い場合が多い)で、永代にわたって供養をしてくれるのですが、だいたい30年〜50年くらいの期間設定が多いです。必ず説明を受けてください。


費用に関しては、それぞれの寺院などが変わります。大雑把な相場ですが、10万円から100万円だと言われています。
年数が短いと安くなるとも言われています。
最近は寺院とかけ離れた納骨堂などが存在しています。

霊園などに付随しておいてありますが、これも永代供養の一つの形です。
マンション型や室内ロッカー型で骨壷を置くことができ、カード式の立体駐車場型、インターネット型など、進化した形になっている場合も多いです。


高齢者を取り巻く環境も、独身や身寄りのいない方、子供には世話をかけたくない、自分のことは自分で決めたいなど、永代供養の存在は大きくなっています。
各寺院においても、宗教宗派を問わず、檀家の必要もなく受け入れてくれる所も増えています。

遺骨となった時点で何もしないわけにはいきませんし、散骨もできればしたくない、遺骨は形として残すことで、生きた証としたい方も多いことでしょう。



永代供養の言葉そのものも江戸時代から存在するものです。

一応寺院に置くことが供養の一つの形を摂ることができるという安心感があるのは確かです。

産経デジタルを考える人にお勧めの情報を公開しているサイトです。

最近では生前に申し込む方も多いと言われています。