少子化の中で永代供養を選択する人が増えています

少子化が進む中で、従来のお墓を建立しても何代も経ずして無縁化する恐れが増しています。
また子供や孫が居ても先祖代々のお墓が遠方にあれば、それを維持管理したりお参りするのも大変です。

さらに子供や孫にお墓を維持するための費用や精神的負担を掛けたくないと考える人達も増え、埋葬方法として永代供養を選択する人が増えているのです。



永代供養は、最初の納骨時に一定の金額を納めれば、維持管理の費用は不要で、お参りをする人が絶えても、無縁化する事無く、文字通り、永代に渡ってお寺が供養を続けてくれる埋葬方法です。
一般的には共同の供養塔に埋葬されたり、納骨堂に骨壺を並べて納められるのが一般的です。しかし小さな墓石を設けてその下に埋葬されるケースもありますが、その場合も1代限りの遺骨埋葬となります。

今、注目のエキサイトニュースサイトを見つけることができました。

また自然の下で眠りたいと考える方のために、桜や梅などの花の咲く樹木の下に埋葬する樹木葬と言う方式もあります。


さらに屋外ではなく、都市のビル内にコインロッカー様の納骨スペースを並べると言う方式もあります。

この様に永代供養を選択する人が増えるにつれ、その埋葬方法も多様化していますが、どの方式であれ、無縁化する事無く永代に渡って供養してもらえるのは共通です。



最近では終活が話題となっており、自分の葬儀の段取りを生前に行うと共に、自分の埋葬方法を自分で選択し、死後に永代供養してもらうべく、生前に費用も支払い予約をされる方も増えています。

この永代供養は少子化の中でこれからも増え続けるでしょう。