茨城で選ばれる自然葬

今、茨城などで自然葬が静かなブームとなっています。



この方法により、墓の下に埋葬するのではなく、海や山、樹木の下などに遺骨や遺灰を還すという行為は、精神的にも物質的にも様々なメリットがあります。もともと人間の遺体というものは、自然の中に還していくということが本来のありかたでした。時代が進むにつれ、新たな埋葬の形式が起こってきましたが、それでも信仰の対象である山の中に埋めたり、海などに遺灰をまくなどという行為は広く行われていたのです。

しかしこうした散骨行為は、遺骨の取り扱いを定めた法律に違反してしまう可能性もあります。

そこで現在では、樹木や花などの植物の下に埋めることによって、自然への回帰を図るという新しい自然葬が行われるようになり、茨城の霊園などでも採用されるようになっているのです。

また、自然に抱かれる埋葬法は、墓石を必要としないものでもあります。

日本経済新聞のマニアックな情報をお届けします。

そのため、費用も時間もかかってしまう墓石や墓園の管理コストを大幅に削減することもできるのです。


清掃の手間もなく、毎年墓参りに訪れれば、沈鬱な墓園ではなく、色とりどりの草花が出迎えてくれることになります。


こうして遺族は負担を感じることもなく、自然に癒やされながら故人を偲ぶことができるのです。

多くの茨城の霊園で採用されている自然葬について詳しく学ぶことは、より正しい死生観を身に着ける切っ掛けともなります。



知識を身に着け、穏やかな生活への糧としていきましょう。