独身のための永代供養の必要性

日本では、お彼岸やお盆などでご先祖のお墓参りをする文化があります。
このように先祖代々のお墓は、子孫が代々守っていくということで維持されていきます。最近の問題としてお墓を守る方がいなくなると言う事態が起こっています。



結婚率や出生率の低下が主な原因と言われています。

YOMIURI ONLINEの専門サイトのこちらです。

子孫が続かなくなるとその後のお墓を維持することができなくなります。
そのような方のために供養を代わりに続けてくれるのが永代供養です。

子孫ではなく寺院が永代にわたり供養をしてくれるシステムです。
先祖を守りたいと言う気持ちを引き注いでくれます。
このシステムは、江戸時代には行われてきたと言う記録があるくらい昔から行われています。


永代供養をしないままで家系が断たれてしまった場合は、お墓は無縁仏として扱われることになります。

そうなってからでは手遅れになるため、独身の方や家系を継ぐ方がいないと思われている方は早めに永代供養の検討を始める人が増えてます。

永代供養をする場合には、お墓を維持してもらう寺院に供養料などを納める必要があります。

その後の供養の方法によりどれぐらいの費用が必要になるか変わってきます。

それまで供養していたお墓をそのまま維持することを希望した場合は、100万円を超える場合もあります。



合同の供養に切り替える場合は割安になります。
ただし、今までのお墓から合同供養墓へ魂抜きと呼ばれる遺骨の移動する費用やお墓の解体のための費用がかかります。