埼玉で行う樹木葬のメリット

main-img

近年では、さまざまな埋葬方法があり、埼玉でも散骨や樹木葬などの自然葬と呼ばれる葬送が注目を集めています。

樹木葬とは、従来のような墓石を墓標とする埋葬とは異なり、霊園の敷地や山へ樹木や草花を植えて、その下に骨を埋葬する方法のことをいいます。墓石とは違い、自然の中で温かみのある埋葬方法として、近年注目されていますが、ただ、勝手に近隣の山などで行うと、法律違反となってしまいますから、注意が必要です。


自分が亡くなったら、墓石ではなく自然に還りたいという人には、墓石の代わりに樹木を墓碑にする樹木葬が人気となっています。

納得の共同通信社の安心情報、今すぐ確認してみましょう。

樹木葬は、1999年に日本で初めて行われたのが最初で、散骨とは違って、埋葬ですから、どこでもできるという訳ではなく、決められた霊園などで行う必要があります。
遺骨を自然にかえすという点で、散骨と間違われやすいですが、あくまでも埋葬ですから、法律上認められた霊園や墓地でしか行うことができません。

埼玉の永代供養墓情報はこのサイトにおまかせ下さい。

ただ、通常の墓石が、家系単位で継承者を前提としているのに対して、樹木葬は基本的に個人のお墓ですから、継承者は不要で、宗旨宗派を問わず、永大供養を行ってくれるところが多いため、継承者や管理について不安を持っている人でも、安心です。



また、埼玉では、一般的な墓石を建てる埋葬よりも料金を抑えることができ、生前から苗木を植えることも可能なところもあります。埼玉にもいくつかありますから、一度説明を受けてみてはいかがでしょうか。

関連情報

subpage1

今、茨城などで自然葬が静かなブームとなっています。この方法により、墓の下に埋葬するのではなく、海や山、樹木の下などに遺骨や遺灰を還すという行為は、精神的にも物質的にも様々なメリットがあります。...

more

葬儀についての考察

subpage2

少子化が進む中で、従来のお墓を建立しても何代も経ずして無縁化する恐れが増しています。また子供や孫が居ても先祖代々のお墓が遠方にあれば、それを維持管理したりお参りするのも大変です。...

more

冠婚葬祭の事柄

subpage3

永代供養とは、お墓の管理ができない方に変わって、お寺や霊園が管理し、供養してくれる埋葬方法のことを言います。一定の費用(お墓よりは安い場合が多い)で、永代にわたって供養をしてくれるのですが、だいたい30年〜50年くらいの期間設定が多いです。...

more

意外な事実

subpage4

日本では、お彼岸やお盆などでご先祖のお墓参りをする文化があります。このように先祖代々のお墓は、子孫が代々守っていくということで維持されていきます。...

more